ようこそ、MUMMOLAへ!

 

私たちのMummolaは、フィンランド北部の北極圏、ラップランドにある小さな村にあります。牧場のある3つの古いログハウスで、私たち四世代が一緒に暮らしています。ここは、澄んだ空気、森林や野生動物に囲まれています。村には川が流れており、近くに美しい滝もあります。夏には太陽が何週間も沈まず、冬には7か月間もの間、雪に覆われています。どの季節もそれぞれの特徴を見せながら素早く変化していきます。

 

私たちは、周りの自然を見つけたり、古い世代に習って技術を身に付けたり、息子がおじいさんやおばあさんの近くで成長していくのを楽しみたいと思っています。

「私たちが大好きなこと」

地元のイベントや文化
蚊!!! (息子が好きなんです。)
ベリー摘み
サウナ用の薪割り
じゅうたん織り
お弁当を持ってアウトドア
ホームクッキング
雪遊びとオーロラ

Mummolaで私たちの日常生活を体験してみませんか!少しの間、私たちと過ごして、私たちを知って、友達になって、そしてまた違う季節に来てください!

大人お1人様につき、1泊€250、2泊で€500、3泊だと€700になります。大人数のグループでご滞在の場合や、より長い滞在をご希望の場合はご相談ください。

ご予約、お問い合わせはメールにてご連絡ください。paula.ojanpera@gmail.com

日本語にて、ご予約や滞在時のアクティビティのご相談を承ります。

お問い合わせは、Mummolaサポーター:浦部(スタジオキートクシア)迄 mummolatravels.j@gmail.com

 << CHECK OUR INSTAGRAM!

<< ALSO ON FACEBOOK!

Studio Kiitoksia Blog. MUMMOLAで過ごす1日① & MUMMOLAで過ごす1日② & MUMMOLAで過ごす1日③


料金に含まれるもの

素朴なトナカイの森コテージ。1940年代に建てられ、2005年に中庭に移築されました。2つのベッドルーム、Pirtti(ピルッティ)と呼ばれるとても大きな共用スペース。台所、サウナ、トイレ、シャワがあります。羽毛の靴下とフェルトのスリッパも利用可能。Pirttiは薪で暖房。


ログハウスには自然の風が入り、良い眠りを誘います。バラ柄を基調とした快適なベッド。ふわふわの毛布とまくら。窓からは田舎のロマンティックな風景。ブラインド、クローゼットをお使いいただけます。ソファの下にはラジオとカセットテープが。


食事は1日3食。伝統的な料理です。真のホームクッキング。

食事。私たちと一緒に伝統的なフィンランド料理を作りましょう。何度でも好きなだけ。あなたの国の料理は?私たちにぜひ教えてください。

食べ物。軽食はベリーなどの新鮮で健康的なものならいつでも可能。ときにはパンケーキなども。

アクティビティ。一年を通してのアウトドア。料理、織物、その他の手工芸。観光や美術館巡り。適宜ご希望に合わせて。季節、天気、気分に合わせて。ご家族でお越しの場合はお子様向けに。

サウナを楽しみましょう。薪を割ってサウナの準備。サウナのために水を温めます。シャワーも利用可能。リラックスできる枕やオーガニックシャンプー、コンディショナー、ボディソープもあります。タオルやバスローブも。サウナの後は、新鮮な空気を吸いに雪の中へジャンプしませんか。

ラップランドの自然を体験しましょう。オーロラ。北欧の澄んだ空気。静寂。季節の移ろい。真夜中の太陽。白夜。蚊。川の流れ。星空。ときにはひんやりする夏、ときには暑い夏。どちらも短いけれど。冬といえば雪。カラフルな秋。明るい春。ときには灰色で雨も降るけれど。

1438720959906.jpeg

野菜畑や森で育ったものを楽しみましょう。じゃがいも、たまねぎ、にんじん、えんどう豆、だいこん、ルバーブ、ラズベリー、いちご、ブルーベリー、クロフサスグリ、アカフサスグリ、こけもも、クラウドベリー、クランベリー、きのこ。

牛舎でとれたての新鮮な牛乳はいかが。

 

川沿いの古い村を探検しましょう。日常生活。歴史。地元の人々や隣人たち。地元のイベントや名所。暗黙のうちに受け継がれる伝統。ラップランドのヴィレッジ オブ ザ イヤー2014に選ばれました。

私たちの日常生活を体験してみませんか。独特な日常生活。農場での生活。秘密のベリー収穫スポット。体験を共有しましょう。柔軟に計画できます。四世代で待っています。新しいお友達と思い出を。

 

暖かくお迎えします!

 

KIMMO(キンモ), PAULA(パウラ),OLAVI(オラヴィ)

キッティラ空港から20 km。ロバニエミ空港またはロバニエミ駅から140 km。コラニ駅から70 km。キッティラ空港あるいはコラニ駅から送迎あり。ロバニエミから私たちの村、カウコネンまではバスがあります。